防鳥ネットを利用

鳩などの鳥による被害に困る人はたくさんいます。せっかく対策を打つのであれば、上手に行わなくては意味がありません。効果的な対策の1つが防鳥ネットです。これは、ベランダなどの、最も鳩に来てほしくない部分にネットを張る事で、鳩対策をする方法です。ですが、一点だけ気をつけなくてはいけないことがあります。それは、頑丈にネットをすれば、それだけ侵入を防ぐことが出来るのですが、その分外観が損なわれてしまう可能性があるという事です。特にベランダなどの、外から色々な人に見られる所に、ネットを頑丈に張りますと、目立ってしまう可能性がありますので、気をつけましょう。

また、ベランダ全体にネットをするというのは、どうしても嫌だという人の為に、有刺物を置くことで、鳩対策をする手段もあります。それは、鳩がベランダの何処に止まるのかというのをよくチェックして、その部分に、とげなどを置くのです。そうする事で、痛がって来なくなるようになります。ですが、こちらも、あまりにも長い期間有刺物を置いてしまいますと、今度は慣れてしまい、トラップの意味が無くなってしまう可能性がありますので、時期をきちんと見極めなくてはいけません。また、何処に有刺物が置いてあるのかというのを、きちんと覚えておきませんと、自分自身がケガをしてしまう恐れがあります。ですので、出来る限り小さいお子様のいるご家庭では、利用しない事をおすすめ致します。有刺物もネットも、ホームセンターなどで気軽に手に入れることが出来ますし、安価ですので、どうしても鳩が気になるという人は、試してみましょう。